地域包括ケアシステムにおける介護予防サービスとは

介護包括ケアセンターで介護系の仕事につきたい方は、地域包括ケアシステムにおける介護予防サービスの内容を詳しく知りたいものです。どんな業務をしているかにもつながる部分なので、しっかりと解説させてもらいますね。

地域包括ケアシステムの両輪となるのが、“医療”と“福祉”になります。どちらがかけても、地域包括ケアは成り立ちません。介護予防サービスは介護に大きく関わるものです。

さらに、介護自体も医療に密接に結びついているとも言えるわけです。詳しい内容について、しっかりと考えたうえで仕事を始めるべきなのです。介護予防サービスについての理解をこちらで深めてもらえれば幸いです。

介護予防サービスが利用できる方について

高齢者ならだれでも利用できるわけではない

《利用できる方》

要介護度

  • 要支援1
  • 要支援2
以上の方が利用できるケアシステムになります。基本的に支援者が必要であると判断された方向けのサービスになるのです。幅広い方対処した業務ではないと理解してもらえるはずです。

ケアプランの作成業務

介護予防サービスの立案

どのような方向性で介護予防を行うかについてのプランを作成する業医務があります。ちなみに、介護予防サービスの利用者の方ですが、ケアプランの作成については無料で利用できるといったメリットがあります。
7

訪問系サービスあり

利用医者の自宅に訪れて介護系業務を実施

いわゆる訪問介護を実施することになります。介護予防についても訪問介護は非常に重要な仕事になります。居宅療養管理指導などもあり、自宅でしっかりと生活できるように考える必要もあります。

通所系サービスの実施

利用者の方がデイサービスやデイケアを利用することもあります。その時に対応するのが、地域包括ケアシステム系の介護職員になります。介護予防サービスとしても寝たきりにならないように対応しなければなりません。そのためにも重要な業務の一環となります。


コメントを残す

このページの先頭へ