地域包括ケアシステムで働く職員とその役割

地域包括ケアシステムで実際に働こうと思っているかたは、職員になるとどのような役割を任せられるのか知りたくなるはずです。職員といっても様々ありますが、こちらで解説しますので参考にしてください。

  • 保健師
  • ケアマネージャー
  • 社会福祉士

地域包括ケアシステムとは|機関と職員」で紹介したように、基本的に上記の資格を持った方が職員として、地域包括支援センターにて働くことになります。一つ一つに異なった役割があるので個別に確認します。

保健師について

6

相談業務あり

健康相談・医療相談・介護予防相談を受け付けることになります。介護士なるためには看護師の資格を持っていなければならず、特に医療系の相談を受けることになります。正しいアドバイスをしなければなりません。

介護予防の支援業務もあり

予防給付や地域支援事業、介護予防ケアマネジメントも実施します。介護系の役割も大きくはたさなければいけませんので、看護師として働いていた時代とは役割が大きく変わっていることも認識するでしょう。

ケアマネージャーについて

相談業務あり

介護全般についての相談業務を受けることになります。ケアマネージャーとしての実力も関わってきますので、正確なアドバイスができることも必要になります。相手の気持ちに寄り添う事も大事ですよ。

地域ケア業務あり

ケアマネージャーの支援を行います。地域ごとには様々なケアマネ-ジャーが働いていますが、スムーズな業務ができるように調整をしなければなりません。さらに事業者の質を向上させるための業務もあります。

社会福祉士について

相談業務あり

介護や生活支援の相談を受けるのがメインです。さらに、消費者被害の相談を受ける事もあるので、専門分野としてはかなり広い範囲を任せられる可能性もありますよ。

地域ケア業務あり

行政や専門機関に関わる地域ケアもあります。様々な機関と連絡を密に取り、連携するためにも重要な仕事内容になりますので、調整力が求められる業務です。

コメントを残す

このページの先頭へ