地域包括ケアと在宅治療の関係性

地域包括ケアを利用して在宅治療を受けたいと考えている高齢者の方は、地域包括ケアと在宅治療にどのような関係性があるのかを詳しく知りたい方も多いでしょう。解説しますので、参考にしてもらえればと思います。
4

地域包括ケアについては政府も本腰を入れています。メリットもたくさんあるとされていますが、デメリットもいくつか報告されており、気をつけなければなりません。

ただ、まずは在宅治療にはどのように地域包括ケアが関わるのかを知るべきです。チェックすることで見えてくることもたくさんありますよ。将来的に自分も利用するかもしれないと思えば、知っておきたいテーマになります。

在宅医療を希望する高齢者の方が多い

70パーセント以上も!?

医療は病院が行うものですが、高齢者になると長期入院になる病気も多数あります。長期入院は、高齢者の方にとっては大きな負担になります。実際に、70パーセントを超える方が、自宅で治療したいと思っているとの統計結果もあるほどです。

それだけ多くの希望者がいる状態で、いままで行ってきた医療体制を漫然と続けることはありません。希望している方がいるならば、希望者の思い通りの医療を受けさせることが必要です。だからこその地域包括ケアになります。

在宅医療から見た地域包括ケアの役割

医療サービスと介護サービスの連携

入院するほどの病気をすると、家に帰ってからも生活に支障をきたしてしまう可能性があります。そこで介護サービスを利用しなければなりません。地域包括ケアでは、医療サービスと介護サービスの連携を促進します。

地域包括支援センターでは、自宅に帰っても安心した生活がおくれるような業務を行っているのです。介護と医療の両輪がスムーズに進むような取り組みを行っているといっても過言ではありません。

以前の状況に戻す

1950年代は今から60年前になりますが、当時のほとんどの方は自宅で亡くなっていました。80パーセントの方がなくなっていたとの事です。現状では真逆の80パーセントの方が病院で亡くなっている状況なので、以前に近い状況にするのを目標にしています。

コメントを残す

このページの先頭へ