なぜ地域包括ケアが重要になるのか?|少子高齢化など

地域包括ケアが重要視されてきていますが、医療関係者や介護関係者の中には、なぜ重要視されているのか気になっている方もいるでしょう。必要とされている理由について詳しく解説します。

地域包括ケアの中心になるのが、地域包括ケア支援センターになります。そちらでは多くの医療系従事者や介護系従事者が仕事をしています。将来的に自分が働くことになるかもしれないと思っている方もいますよね。

実際に働く前に、なぜ地域包括ケアが重要になるのかを知っておくことも重要です。自分の仕事がどのような事に役立つのかも、はっきりと見えてくることになるからです。

少子高齢化の影響を少しでも減らすために

3

現在の社会的な問題といえば、少子高齢化があります。人口も少なくなり始めており、今後も子供少なくなり、高齢者が多いといった図式は変わる事がありません。人口グラフを年齢からみると、綺麗なピラミッド型ではなくなっているのです。

2025年には団塊の世代が75歳以上へ移行

日本で最も人口が多いとされるのが団塊の世代です。その方たちが2025年には75歳以上に移行いしてしまいます。医療サービスや介護サービスを利用する方が圧倒的に増え、大きな負担になる可能性があります。

医療と介護の影響を少しでも少なくする

医療サービスに頼りきって、長期的な入院を行うと医療費が増大してしまいます。入院期間を短くするために、訪問看護サービスを拡充したり、介護サービスと連携を取ったりしようという事が地域包括ケアになります。

さらに、そもそも医療サービスや介護サービスのお世話にならない高齢者の方を増やそうといった取り組みも実際に行われています。お年寄りのサロンを作るなどといった取り組みもその一つになります(地域包括ケアで受けられる5つのサービスとは)。

自宅で暮らしたいという高齢者も多い

高齢者のうち70パーセントの方が介護サービスを自宅で受けたいとの希望を持っています。在宅介護サービスをすることが求められており、地域包括ケアはそのサービスを担うと期待されているのです。以上の事から、地域包括ケアがなぜ重要視されているのかわかりますよね。

コメントを残す

このページの先頭へ