地域包括ケアで受けられる5つのサービスとは

今後、高齢者になった時に自分はどうなるのかと不安を抱えている方は多いと思います。50代や60代の身体が弱い方に向けて、地域包括ケアのサービスについて解説します。
2

高齢者になった時に、身体が弱かったり、痴呆症を発症させてしまったりすると、さまざまなマイナスを背負ってしまいます。現状では医療や介護のサービスも崩壊し始めているので、なんとかして対処しなければなりません。

実は地域包括ケアには、医療や介護のサービスを効率的に行うといった役割があるのです。詳しい中身としては、5つのサービスがあるのでそれらの中で特に重要なものを個別に解説します。

《5つのサービスについて》

  • 医療サービス
  • 介護サービス
  • 介護予防サービス
  • 生活支援サービス
  • 住まいサービス

生活支援サービスと介護予防サービスについて

最近では、空き家を利用して高齢者のサロンを作るといった取り組みも行われ始めています。地域によっては多くの明がある例もあり、それらの有効活用にもなるのです。また、高齢者に外に足を運んでもらう機会を作ることにもつながります。

医療や介護サービスの将来的な負担を減らすのに役立つようなサービスを、生活支援サービスと介護予防サービスでは行っています。上記した空き家の利用は実際に世田谷区でも実施中です。

医療サービスと介護サービスについて

連携しやすいような体制の確立

医療と介護はそもそも近いサービスを行っていますが、連携がいまひとつである部分もありました。地域包括ケアの場合は、両者を密接に結びつけるサービスを行います。訪問看護や訪問介護のサービスを結び付け効率的に行うのです。

効率的な医療サービスと介護サービスが実現できれば、大きな病気になってしまってからでも、早期退院でき、自宅療養が可能になりますよね。自宅でゆっくりしたいという患者さんの希望は、医療費の抑制にも役立つといった一石二鳥のサービスを目指しているのです。


コメントを残す

このページの先頭へ