地域包括ケアと認知症対策

地域包括ケアを気にしている、高齢者のいるご家族も多いでしょう。特に痴呆症になってしまうのではないかと心配している方に向けて、地域包括ケアにおける認知症対策をお話します。
1

家族がもしも認知症になってしまったらと思ったらいかがでしょうか。大変なことになってしまいます。毎日の介護も思いやられますよね。家族みんなだ支え合わなければいけませんが、核家族化も進み、自分ひとりに比重が偏ってしまう事もあります。

そこで地域的な支えも重要になります。地域包括ケアには、認知症を抑制するといった目標も含まれているのです。では、実際にどのような認知症対策を行っているのでしょうか。詳しく解説するので、ご家族に高齢者のいる方は確認してくださいね。

認知症疾患医療センターと連携する

地域包括支援センターは、さまざまな期間と連会して認知症対策を行います。その中でも特に大きな存在になるのが、認知症疾患医療センターです。地域包括ケアセンターの“認知症地域支援推進員”と認知症疾患医療センターの担当者と連携して対策を実行します。

さらにかかりつけ医との連携も行いますし。認知症サポート医とも実際に連携を行います。地域全体で対処するといったシステムの構築を行うのも地域包括ケアによる認知症対策になります。

認知症対策には特に認知症サポート医が重要

  • 早期の診断
  • 早期の治療
  • 家族への支援
  • 地域連携
上記なものを認知症サポート医と連携し、地域包括センターでは実行します。特に、認知症の場合には早期の発見が重要です。現在では進行を遅らせる薬もできており、早期の治療ができれば介護の負担を圧倒的に減らせるのです。

家族への支援も地域包括ケアでは重要です。認知症になってしまっても、身守り活動や介護サービス、警察機関などとも連携しているので、様々なことに対して対処できるのです。認知症の高齢者を持つ家族としても非常に頼りになるシステムが地域包括ケアにより、いま形作られようとしています。


コメントを残す

このページの先頭へ