地域包括支援センターにおけるケアマネージャーの業務とは

ケアマネージャーとして地域包括支援センターで仕事を行いたい方も少なくありません。地域包括新センターにて働きたいケアマネージャー志望の方にむけて、実際の業務内容をお話します。

地域包括支援センターでのケアマネージャーの役割は非常に大きいです。地域医療や地域介護の最前線で働くことにもなるので、非常にやりがいあふれる仕事といっても間違いではりません。

ただ、まだまだ職場として知られている存在ではありません。分からないう部分が多いと思っている方も少なくないですし、働いた経験を持っている方も少ないので知られていなくても仕方ないです。

地域包括支援センターケアマネージャーの仕事内容とは

介護予防ケアマネジメント

主な仕事が上記のものになります。介護に大きな役割を果たす仕事を行います。介護に直接かかわるというものではなく、介護予防のケアプランの作成を行うわけです。どのような方向性の介護を進めればいいのか、という点についての業務になります。高度な介護知識を持っておくことも重要です。

介護系相談業務もあり

14
介護予防ケアマネジメントを行う上で、相談をしっかり受ける事も重要です。地域ごとのケアマネージャーとも連絡を密にとり、様々な相談を受けることにもなります。地域を包括して管理し、効率的な介護を行うためにも大事な業務の一つになりますよ。

地域包括支援センターケアマネージャーのやりがいとは

介護保険を申請した方の役に立てる

介護保険を申請した方は、保険について詳しい内容をあまり知らない事が多いです。利用方法さえ良く理解していません。そのような方々の相談に乗るような仕事になります。人の役に立っていると実感できる仕事であり、責任も重大な仕事となります。

利用者の方のケアプランを充実させるのが、最大の仕事のやりがいになります。利用者さんの生活の質がケアプラン一つで大きく左右されてしまう事もあります。良い方向に進めば、ケアマネージャーの力が発揮されたということにもなりますよ。


コメントを残す

このページの先頭へ