地域包括支援センター社会福祉士の年収相場を徹底調査

地域包括支援センターで働く事を決意した社会福祉士の方が気にするべきなのが、年収になります。どれくらいの相場になるのでしょうか?30代の社会福祉士の方の転職を想定してお話します。

地域包括支援センターでは、さまざまな資格を持った方が働きます。社会福祉士の方もその中の一人になるのです。地域包括ケアがうまくいけば、日本の介護と医療の流れも大きく変わります。理想に燃えて働きはじめる社会福祉士の方も少なくありません。

しかし、理想だけでは仕事はうまくいかないのです。働いた分の見返りがなければ、どんどんと仕事に対しての“やりがい”も感じなくなってしまうかもしれません。前向きに働くためには、それなりのお給料をもらう必要もあるのです。

地域包括センター社会福祉士の年収相場とは!?

300万円台ほど

30代を限定にして考えると、上記の数字になります。あまり大きな報酬とはならない事がよくわかると思います。40代や50代になると、400万円を超えてくる例も多くなりますが、30代では300万円台がメインとなりますよ。

300万円でもやりがいを感じられる方は少なくないですよね。仕事自体もこれから発展性があるとも考えられるからです。ただ、年収が少ないのはいくつかの理由があります。そちらについても詳しく説明しますね。

年収が低めになっているわけ

社会福祉士が供給過剰状態になっている

12

そもそも社会福祉士の数が多いといった状態が続いているのです。300万円台といった報酬が抑えられている理由として、人材が多いことが挙げられます。職場では募集をかけたらすぐに人が集まるわけです。だから報酬をあげなくて良いとなります。

逆に、一般病院を職場とする看護師は人材が足りていません。ですので、年収400万円台後半などの高年収で募集をかけているのです。今後は社会福祉士の活躍の場も広がるかもしれません。状況によっては年収が大きく変化する可能性もありますよ。

※社会福祉士で、600万円以上800万円未満の年収の方も12パーセントいるとの調査結果もあります。能力があれば高収入を目指す事も可能です。


コメントを残す

このページの先頭へ