地域包括支援センター社会福祉士のおすすめの探し方とは!?

30代社会福祉士の方におすすめの職場として現れたのが地域包括支援センターです。その職場について、どのようなおすすめの探し方があるのかをこちらで解説します。

医療費がいま大きな問題になっています。今後はさらに医療費が増大していくと考えられているのですが、それを食い止めるために考えられたのが地域包括ケアです。デメリットがないわけではありませんが、状況を食い止める救世主的な存在と目されています。

その地域包括ケアをしっかりと行うためにも重要視されているのが、地域包括ケアセンターになります。社会福祉士も大いに活躍できる立場になりますが、どのような方法で求人情報を探せばいいのか、という事になりますよね。

紙媒体で探す方法

  • 新聞折り込み求人広告
  • 新聞求人広告
  • 地域求人情報誌
紙媒体に限定して探すとしたら、上記のような方法があります。ただ、これらの中に地域包括支援センターで働く社会福祉士の方向けの情報が多くあるとは考えにくいです。幅広い情報を一度に取り扱っていますので、情報探しにはかなり苦戦すると思われます。

ハローワークの利用

11

  • 登録が必要
  • ネットから検索も可能

ハローワークを利用して求人を探す時の特徴には上記のようなものがあります。登録をしなければ利用できないとのデメリットもありますが、職業安定所に直接行かなくてもネットで仕事を探せるといったメリットもあります。

膨大な求人情報があるので、その中から見つけ出すのは難しいですが、紙媒体で探すよりは仕事も見つかりやすいです。家の近くにハローワークがあるといった条件が合えば、ぜひ利用すべきです。

求人サイトの利用

最近の職探しで翌利用されているのが、求人サイトになります。社会福祉士の仕事についても求人サイトで探せるようになってきましたので、利用をおすすめします。

できれば、求人サイトに登録して利用しましょう。非公開の求人情報に触れられる可能性も出てくるからです。非公開求人のほうが条件の良い仕事が紹介されていることも多いのでおすすめですよ。

コメントを残す

このページの先頭へ