一般病院より高い?安い?地域包括支援センター看護師の年収

地域包括支援センターで働きたい30代の看護師さんに向けて、どのくらいの年収になるのかをお話します。転職になりますので、どれくらい稼げるのかも気になりますよね。

特に気になるのが、いま働いている仕事よりも稼げるのか、という部分になると思います。一般病院よりも稼げない事になってしまうのか気になっている方も少なくありません。

30代と言えば働き盛りでもあります。ですので、給与にこだわる方も多いです。しかし、それ以外にも仕事の“やりがい”を求めて転職を希望する事も多く居ることは確かです。

年収は病院看護師時代より下がる

残念なことになりますが、地域包括支援センターではそれほど高額な報酬は望めません。日勤がメインとなりますので、夜勤手当がない分給与が少なくなるのです。夜勤の手当は、1回当たり数千円から10,000円といった大きな金額になりますよね。

年間で、数十万円単位になる事もある大きな手当が地域包括支援センターではもらう事ができません。高報酬を求めて地域包括支援センターで働くという事は適していませんよ。

  • 年収額・・・300万円台

8
看護師の平均年収は400馬年代中盤から後半程度になるので、100万円くらい低くなります。一般病院からの転職だと大きなマイナスに感じてしまう事もあるので、給与にはあまり気にしない方向けといってもよいでしょう。

地域包括支援センター看護師がもらえる手当について

  • 地域手当
  • 扶養手当
  • 住宅手当

以上のような手当がもらえる事が一般的です。地域手当については、30,000円から40,000円くらいが上限になります。扶養手当については、配偶者と子供がそれぞれ5,000円弱といった感じになります。

交通費について

交通費の支給は基本的にあります。「地域包括支援センターの看護師求人情報|仕事内容・給料」でも軽く述べましたが、月あたりの上限額は30,000円から50,000円ほどになる事が多いです。

コメントを残す

このページの先頭へ