看護師が必要!地域包括支援センターの仕事内容について

地域包括支援センターで働こうと思っている看護師さんも多いと思います。では、実際にどのような仕事をすることになるのでしょうか。こちらでは看護師の仕事内容を詳しく解説します。

地域包括支援センターでは、多くの看護師の方が働こうと希望しています。地域の医療に貢献したいといったような高い理想を掲げている方も少なくありません。そこで注目してほしいのが年齢層です。地域包括支援センターで働く看護師の方は30代や40代の方が多い点は指摘させてもらいますね。

 icon-bell-o 訪問看護を行う

地域包括ケアの肝の一つである“訪問看護”を基本的に行う事になります。特に難しい事ではありませんが、いままで一般病院で働いていた方には少しハードルが高い事になる可能性もあるので注意してくださいね。

在宅医療の実現に貢献する

5

いままでは入院して病院で医療を行う事がメインでしたが、地域包括ケアでは在宅医療の実現を目指しています。訪問看護の仕事を行う事で、家にいても医療を受けられるようになり、自宅へ患者さんが変える期間が短くなるといったことのお手伝いを行うのです。

相談業務や介護予防の仕事もある

看護師は医療の専門家として非常日地域包括ケアでは頼りにされます。様々な相談業務を受ける事もあるので、30代や40代の看護師が必要とされるわけです。経験豊富な方が求められています。

ま医療の観点から介護予防の仕事も実施しなければなりません。介護はこれからの日本がどうなってしまうのかにもかかわる部分です。介護予防には、どのような事が必要かのマネジメント業務も大事な仕事と理解すべきです。

ネットワークの構築

  • 地域の利用者
  • サービス事業者
  • 関連団体
  • 民生委員
  • NPOなど

地域包括ケアシステムは多くの方が関わって成り立っています。看護師もその一人になりますが、そのネットワークを構築することも大事です。円滑なコミュニケーションがとれるような状況にするような仕事も今後さらに大切になります。


コメントを残す

このページの先頭へ