地域包括支援センターの役割を徹底解説

地域包括センターで働く事を計画している方に向けて、“地域包括支援センター”の役割を解説します。役割についてある程度知っておけば、スムーズに仕事に入ることも可能ですよ。

地域包括支援センターで働く方ですが、看護師や社会福祉士、ケアマネージャーが考えられます。ただ、新人ですぐに働きはじめるは難しいので、30代以降のベテランの方向けの情報になります。

就職というよりは、転職を希望している方にチェックしてほしい情報になります。地域の介護や医療サービスに少しでも貢献したいとの希望を持っている方は、是非チェックしてくださいね。

高齢者をサポートする!

地域包括支援センターの役割をざっくりと解説すれば、“高齢者のサポート業務を行う”という事に集約されます。高齢者になると病気にもかかりやすくなります。寝たきりになり介護が必要になるケースもあります。そのような状況に対処する仕事を行うのです。

医療的な役割について

  • 訪問看護を行う
地域包括ケアシステムでは、自宅での治療を目指しています。病院に入院し続けるリスクを少しでも減らし、早期退院して、早く一般の生活に戻れるように支援します。この時に、30代以降の経験あふれる看護師の力が必要になるのです。

 icon-bell-o 介護的な役割について

  • 訪問介護を行う

社会福祉士やケアマネージャーにも大きく関わる部分ですが、介護を受けなければいけない場面ではすぐに施設に入れればと思っている方もいますが、費用もかかりそうも簡単にいきません。

訪問介護サービスをスムーズに受けられれば、家でもある程度は対処できます。ご家族の負担も圧倒的に少なくなるなどのメリットもあるので、地域包括ケアでも特に力を入れているテーマになります。

 icon-warning 24時間サービスについて

3
介護や医療の分野で24時間のサービスを提供する事も地域包括支援センターの役割になります。働く方には辛い場面になるかもしれませんが、それだけやりがいあふれる仕事に参加できることにもつながりますよ。


コメントを残す

このページの先頭へ