退院後に重要!?地域包括ケアシステムについて

地域包括ケアを利用する高齢者の方向けの記事になります。高齢者になると様々な病気になってしまう事もありますが、特に重要なのが退院後になるのでその話をします。

高齢者の方にアンケートを取ると、圧倒的に自宅で療養したいという方が多いです。しかし、自宅に居ながらにして、治療を受けるのは現状ではかなり難しいです。そのようなシステムが出来上がっていないからです。

しかし、病院で入院をすると、国家的にも負担が大きく自宅療養ができればその方が良いのです。二つの考えがマッチングしているので、最近になり体系づけられてきたのが地域包括ケアになります。

 icon-bell-o 退院後に多彩なサービスの利用が可能になる

  • 訪問看護(在宅治療)
  • 訪問介護(在宅介護)
地域包括ケアがうまくいきはじめれば、以上の二つのサービスが気軽に受けられるようになると考えられています。もちろん、病院緒はしっかりとした連携を行います。長期間の入金をしないようなシステム作りがまず行われるのです。

訪問看護や訪問看護サービスが確率されていなければ、家に帰ったとしても不安な生活を送ることになります。そこで、在宅治療・在宅介護に力を入れる地域包括ケアのシステムがしっかりと機能し出せば、入院期間を圧倒的に少なくできるのです。

高齢者の方にとっても地域包括ケアが前進することについては大きなメリットがあるのです。入院期間が短いと、認知症になりにくいといった統計も出始めており、見逃すことはできません。

生活支援や介護予防サービスにも力を入れる

2

  • 老人クラブ
  • 自治会
  • 生活支援
  • 介護予防

地域包括ケアは何も医療や介護だけではありません。上記のようなサービスにも力を入れており、高齢者の方の生活を全体的にサポートするとされています。老人クラブの活動が活発化すれば、運動不足で足腰が弱るということも避けられますよ。

※老人クラブでは、ゲートボールやウォーキングといった催しものも行われれることが多いです。


コメントを残す

このページの先頭へ