配食サービス事業の利用!地域包括ケアとは

高齢者になると大きな問題が食事作りになります。食事を作ることについて考えなければいけないのですが、70代や80代の男性にもなるとその気力も起こりません。そんな時に地域包括ケアがどのように助けてくれるのかについてお話します。
12

70代や80代の男性になると自分で食事を作る機会もかなり少なくなるといわれています。結果的に栄養が偏ってしまう可能性もあるのです。「地域包括ケアにおける介護予防教室を徹底解説」で述べたような利用についての講習を受けるのもおすすめです。

ただ、どうしておも自分で料理を作れない方もいるでしょう。ガスなどを利用するので、火事になる危険性を考えている方も実際に少なくありません。ご家族もその点を気にしているケースが多いです。そこでこちらで紹介するのが地域包括ケアの“配食サービス事業”です。

配食サービス事業の対象者について

  • 栄養改善が必要な高齢者
栄養が偏っていたり、圧倒的に足らないといったりした方に向けて行われるようになります。一人暮らしを行う高齢者の方は、1日1食という方も少なくありません。そのような方に対して、栄養改善のために配食サービスを実施するのです。

配食サービス事業の詳しい内容

  • お弁当などを定期的に届ける

家で作れなかったり、買い物に行けなかったりする高齢者の方にお弁当などを届ける業務を行います。利用回数などは高齢者の方の食事の状況などと照らし合わせて決定します。定期的に届けなければいけない方には定期的に届けるわけです。

  • 利用料金ついて
1食あたりで350円程度としている地域が多いです。1日1食を週に3日利用するとして、月間で5,000円程度の利用料金になります。それほど大きな負担にならないのも大きな特徴になります。

配食サービスの回数ですが、1日1食、週に6日を限度としている例が多いです。一人暮らしをしている高齢者の方の生活を支えるサービスとして、現在では大きく注目されています。


コメントを残す

このページの先頭へ