地域包括センターにおける生活管理指導短期宿泊事業とは

単身の70代や80代の男性の高齢者の方も多いと思います。そんな方におすすめなのが、地域包括支援センターで行う生活管理指導短期宿泊事業というものです。実際にどのような事業が行われているのか調べてみました。

いわゆる、独居老人と言われる方ですが、生活についてはかなり乱れてしまっているケースもあります。ほとんど外出しなかったり、食事も少なくなってしまったりという事も実際にあるのです。

生活の乱れは、即健康に大きく関わってしまうのです。そのようなことは避けなければいけません。生活が乱れると将来的に寝たきりを招いてしまうこともあるのです。それを防ごうとしているのが生活管理指導短期宿泊事業です。

生活管理指導短期宿泊事業の対象者について

  • 特定高齢者であること
  • 特定高齢者に準ずつ方

《以上の条件にプラスして》

  • 基本的生活習慣が欠如していると思われる方

以上の方が、生活管理指導短期宿泊事業に参加可能になります。高齢者であり生活習慣が乱れている場合には、利用できるわけです。自分でも生活習慣が乱れていると実感できると思います。治さなければいけないと思っているなら、ぜひ参加しましょう。

生活管理指導短期宿泊事業の内容について

  • 養護老人ホームに入所する

10
入所すると言っても一時的になります。入所している最中に、一般的な生活習慣を身につけてもらう事になります。日常生活に対する指導や支援も行われることになりますよ。

睡眠時間が乱れているような高齢者も健康に非常によくありませんので、生活管理指導短期宿泊事業にぜひ参加しましょう。男性の場合は奥さんに先立たれると、実際に生活でかなり困る場面も多くなり、生活が乱れやすいです。

生活管理指導短期宿泊事業はどこでも行っているのか

地域生活支援センターの方針にもよりますので、必ず参加できるわけではありません。気になっている方は、自分の地域ではそのような取り組みをしているのか調べてみましょう。


コメントを残す

このページの先頭へ