地域包括ケアにおける介護予防教室を徹底解説

70代・80代の男性は特に体が弱りがちです。自分でも実際に不安を抱いている高齢者の方も多いでしょう。そんな方におすすめしたいのが、地域包括ケアの有効活用です。介護予防教室というものがあるので、詳しく解説します。

70代や80代にもなると、持病の一つや二つはあるものですよね。寝たきりになるのではないか、と思っている方も実際に少なくありません。そんな時にチェックしてほしいのが地域包括ケアの取り組みです。

では、その地域包括ケアの一環として行われる介護予防教室にはどのような特徴があるのでしょうか。詳しく調べてみまた。70代や80代の男性で、将来に健康的な不安を抱えている方は、特に注目してほしいと思います。

 icon-bell-o 対象者について

  • 特定高齢者である方
  • 特定高齢者に準ずる方
もちろん、絶対に参加しなければいけないわけではありません。希望者のみの参加になるので、参加したい時だけ参加することができます。自分が気になるテーマの時だけ参加するという事も実際に可能ですよ。

開催間隔について

9

  • 週に1回
  • 2週に1回
  • 月に1回など

各地域の地域包括支援センターの方針になります。行っていない地域もありますので、自分の住んでいる地域で行われているかは事前にしっかりとチェックすべきでしょう。週1回など、かなり定期的に行っている地域もあるので注目です。

介護予防教室で行われている内容について

  • 寝たきりにならないための講習
運動機能を高めるにはどうしたらいいのか、口腔機能を向上させるにはどうしたらいいのか、栄養を効率的に摂取するにはどうしたらいいのか、といったような講習が行われます。健康になるためにはどうしたらいいのかが、理解できる教室です。

特に注目してほしいのが栄養関連のものです。高齢者になると食事がおろそかにもなりやすいです。肉料理を食べるようにいわれる高齢者の方も実際に多いんですよ。食事は寝たきりにならないためにも非常に重要なことになるので、参考にすべきです。


コメントを残す

このページの先頭へ