介護保険サービスの利用方法|地域包括ケアシステム

高齢者の方が家にいる場合には、介護保険サービスをどのように利用したらいいのかを知らなければいけません。親御さんが70代から80代だとすると40代から50代の方が実際に悩んでいると思われます。
8

介護保険サービスはどのように利用すればいいのかについて、こちらで詳しくお話します。高齢者の親御さんと一緒に暮らしている方は是非チェックしてください。しっかりと知っておくことは自分を守ることにもつながります。

ちなみに、最近では地域包括支援センターを利用して相談や手続きを受けられるようになりました。地域包括ケアシステムを有効に活用しましょうね。

要介護認定の申請を行う

要介護を認定されなければ、介護保険サービスの利用はできません。まずはこの点を理解したうえで認定を受けましょう。ちなみに要介護だけでなく、要支援の認定を受けることもあります。
  • 要支援・・・1・2
  • 要介護・・・1・2・3・4・5

身体に何らかの不具合などがある場合には、以上の認定を受けることになります。要支援と要介護では受けられるサービスなども大幅に変わってくるので、どのように認定されるのかも気になりますよね。

地域包括支援センターで行う事

  • 要支援1・2の場合
地域包括支援センターに所属している、保健師がそれぞれの方にあったケアプランを作成します。支援するためにはどのような計画が必要なのかを考えて作成してくれますので、それに沿ってサービスが実施されます。
  • 要介護1・2・3・4・5の場合

居宅介護支援事業所に所属している介護の専門家であるケアマネージャーがケアプランを作成します。介護の現状に合わせたプランを作成し、それに沿ったサービスが提供されることになります。

資格としての保健師は「地域包括センターで働くための資格~保健師編~」に、ケアマネージャーについては「地域包括センターで働くための資格~ケアマネージャー編~」に詳しく解説しています。

コメントを残す

このページの先頭へ