地域包括センターで働くための資格~ケアマネージャー編~

介護系の資格として最も有名になりつつあるのが“ケアマネージャー”になります。地域包括支援センターで働く方の多くが実際に持っています。そのケアマネージャーの資格取得についてお話します。

ケアマネージャーと言えば、30代の女性に非常に人気のある資格です。そのくらいの年代の女性も資格を持ちたいと思っている方も少なくありませんよね。安定した仕事に付く事も可能な資格なわけです。

ケアマネージャーですが、介護支援専門員の事を指しています。ケアマネージャーを一歩進めた資格が“主任介護支援専門員編”になるので、気になる方は「地域包括センターで働くための資格~主任介護支援専門員編~」も同時にチェックしてもらえたらと思います。

ケアマネージャーの資格取得方法

  • 特定の国家資格を持っていること
  • 相談や援助系の仕事の経験があること
  • 介護等の業務の従事経験があること
  • 介護等業務の従事経験があること
いずれかに該当があれば、ケアマネージャーの資格を得られる試験を受けられます。具体的には、保健・医療・福祉のいずれかの仕事の経験があればよいということになります。特に特定の国家資格を持っている方はその時点で受験資格があります。

《特定の国家資格とは》

  • 薬剤師
  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師
  • 柔道整復師
  • 栄養士
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士など

7
  • 相談援助業務とは

障害者施設や老人福祉施設などで相談業務などの仕事を指しています。その経験があれば、ケアマネージャーの受験資格を得られるのです。

  • 介護系業務と受験資格
何らかの資格を持っていないで働いている場合には、10年以上働いており、1800日以上の経験がなければいけません。資格がない方は、かなりのハードルとなるので自分が該当するか確認しましょう。

ケアマネージャーの試験について

  • 合格率について

比較的新しい資格になるので、それほど長期的な合格率をチェックすることはできません。基本的には30パーセント台になりますが、「地域包括センターで働くための資格~主任介護支援専門員編~」で述べたように近年は低下傾向にあるので気をつけましょう。


コメントを残す

このページの先頭へ