地域包括センターで働くための資格~社会福祉士編~

社会福祉士の資格について詳しく解説します。30代男性の方の中には地域包括支援センターで働きたい方も多いですよね。そんな方に特におすすめの資格となります。資格を持っていると地域包括センターで働きやすくなりますよ。

社会福祉士の資格ですが、あまり世間一般に知られた資格ではありません。しかし、福祉関連の仕事をする場合には欠かせない仕事になります。持っていると介護・福祉関連の仕事に付きやすくなるといったメリットもあるのです。

地域包括支援センターでも社会福祉士は常時募集している状況です。様々な相談業務を受け付けていることもあるので、社会福祉士として大きな活躍ができる可能性もありますよ。

 icon-bell-o 社会福祉士試験の受験資格とは

  • 福祉系大学を卒業すること
  • 実務4年以上+短期養成施設など
以上の条件が決まっています。福祉系大学を卒業した場合であっても指定科目履修が条件になるので注意してください。また一般大学卒業から受験資格を得るためには、一般養成施設等居1年以上通う必要があります。

以上のように誰でも社会福祉士の試験が受けられるわけではありません。一定の条件が設けられているのでまずはクリアしましょう。前記したように、一般大学卒業でも資格を得られる方法がある部分は注目に値するでしょう。

社会福祉士試験の内容

  • 様々な試験科目あり
「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」、「就労支援サービス」、「更生保護制度」などの科目があります。様々な科目があるので、範囲が非常に広いといった特徴があります。
  • マークシート方式

試験は、マークシート式になるので選択式となります。5つの選択肢の中から正解を選ぶことになるので、消去法で答えることもできるでしょう。出題数は150問であり、試験時間は全部で240分にもなります。

合格について

  • 60パーセント以上の得点が必要
大まかな基準になりますが、全体の60パーセント以上の特典が必要と言われています。難易度から点数補正がされますが、安心して合格するためには70パーセント以上の特典が欲しいところです。
  • 合格率

4
毎年20パーセント台後半になることが多いです。しかし、18パーセントだった事もあるので、難易度にはかなりのばらつきがあるでしょう。約4分の1程度しか合格しないので、比較的難易度の高い資格となります。

地域包括センターで働くための資格~看護師編~」や「地域包括センターで働くための資格~保健師編~」で紹介した看護師や保健師よりも、落ちる可能性が圧倒的に高い試験です。

コメントを残す

このページの先頭へ