地域包括センターで働く看護師の休暇について

30代の看護師にもなるとそろそろ自分の働きたい職場を探し始めます。その一つの候補に地域包括支援センターがあるでしょう。給与は少なめですが人の役に立てます。しかし、休暇についてどれほどもらえるのか、という点も考えなければいけません。
1

こちらでは、地域包括支援センターで働く看護師の方がどれくらいの休暇をもらえるのか、といったことについてお話します。休みがあまりもらえ内容であれば、仕事のモチベーションもなかなか上がりません。

また、単に休みがあるだけでもいけませんよね。できれば時々は連休が欲しいと誰しも思うはずです。2連休がもらえればちょっとした旅行に行くこともできるわけです。休暇の質というものにも30代の看護師の方は注目しましょう。

地域包括支援センター看護師の休暇とは

  • 4週8休制が多い
医療系の求人サイトをチェックしてもらえればよく分かると思いますが、基本的に週休2日制を採用している場合が多いです。完全週休2日制ではなくても、4週で8日間の休みをもらえるので、まずまずの待遇と言えます。
  • 日曜日が休み!

地域包括支援センターは主に日曜日は休みになるので、日曜日は確実に休めるといったメリットがあります。これは病院で働く看護師とは大きく異なります。外来看護師の場合は日曜日が休みになる可能性もありますが、病棟看護師は関係ありませんよね。

  • 年末年始休暇あり
  • 有給休暇あり
正職員であれば、もちろん有給休暇があります。さらに、年末年始も5日間から1週間程度休みがもらえるケースが多いです。お正月は家族と一緒に過ごしたいという方にも適した仕事になります。
  • 年間休日日数は?

100日から110日になることが多いようです。少なからず多からずといった感じになりますが、安定して働ける職場なのでまずまずといった数字でしょう。3日に1日程度の休みがもらえることになるので、それほど働きづめといった感じにはならないはずです。


コメントを残す

このページの先頭へ