地域包括ケア利用の流れとは!?

地域包括支援センターで働きたい方にとっては、利用の流れというものも知っておく必要があります。こちらでは、地域包括ケア利用の流れについて詳しく解説しますね。
20

地域包括支援センターでは、医療や介護にかかわる多くの方が働いています。そこで注目してほしいのが、実際に高齢者の方が利用するにはどうしたらいいのかという事です。

これは高齢者の方だけではなく、地域包括センターで働く予定のある方もチェックしなければならない事です。介護や看護で活躍しようと思っている方は、高齢者を支えるのも仕事ですので、正確なアドバイスが利用できるように利用の流れをチェックしましょう。

 icon-bell-o 介護のサービスを受けたい場合

介護包括支援センターへ行き相談をする

介護サービスを受けたい場合には、介護包括支援センターへ訪問します。そちらで自分の現状を職員の方に相談するのです。そして、どのようなサービスを受けたいかも話します。

一方で、専門職員の方は、それらを相談業務としてしっかりと親身になって対応しなければいけません。さらに、アドバイスできる部分はしっかりと助言する必要もあります。

サービスの説明も行う

介護保険の利用方法の説明も行います。どのくらい補助が出るのか、どのような事に補助が出るのか、といった事も職員は説明します。そのうえで、高齢者の方はどのような利用を行うかを決定するのです。

要介護であった場合

少し特殊になりますが、高齢者の方は居宅介護支援事業者を紹介されます。以上の内容が利用の流れとなります。基本的に地域包括支援センターでは相談業務が行われるのです。

また、要介護の場合には、ケアマネージメントのプランを作成する必要も職員の方にはあります。高齢者の方はそのプランを参考にしてサービスを受けることになりますよ。

紹介された業者が気に入らない場合

自分で探すことになります。電話帳やネットなどを駆使して探すことができますが、高齢者の方には骨の折れる作業になるかもしれません。ただ、よりよい介護サービスを受けるためには、自分の納得のいったところを選ぶ必要もあるのです。


コメントを残す

このページの先頭へ