地域包括ケアの未来とは!?将来像を徹底解説

地域包括ケアの将来を気にしている保健師の方もいると思います。特に30代の方はこれからも長く仕事を行いますよね。地域包括ケアの将来像について考えてみます。

地域ごとに医療や介護を行おうと考えているのが、地域包括ケアになります。医療や介護が崩壊してしまう前に、いかにして対処するかが重要です。そのために急ピッチで整備が進められています。

地域包括決を主導する地域包括センターも各地にできています。「地域包括ケアシステムとは|機関と職員」でも解説しましたが、全国に4,000か所以上の期間があります。支所も合わせると7,000とも言われています。保健師の方にとっても選べる職場が非常に多いといったメリットが出てきています。今後は多くの求人が出てくるとも想定されています。

 icon-bell-o 住民が参加する地域包括ケア

保健師の方や社会福祉士、ケアマネージャーだけが地域包括ケアに参加するわけではない将来像があります。住民が地域包括ケアに参加すると考えられているのです。住民参加型が大きなモデルになります。

住民が参加しやすい施設づくりも始まっています。利用しやすいように、ショッピングセンター内にできたり、ちょっとした居酒屋などを開催したりといった取り組みも始まり、住民も参加しやすくなっています。さらに様々なアイデアが出され、住民が参加しやすくするようにしなければなりません。

待機者をなくす!

18

  • 特別養護老人ホーム
  • 老人保健施設

全国には多くの高齢者の方が上記の施設があくのを待っている状態です。いわゆる、待機者といわれるものになりますが、将来的にはその待機者をなくすといわれています。その中心的な役割を果たすのが地域包括支援センターです。

健康を高めることで、待機者をなくすという考え方もあります。施設を充実させるといったことで大気社をなくすといった考え方もあるのです。地域包括ケアの目標の一つでもありますが、将来的には解決できる問題として現実味が出てきています。


コメントを残す

このページの先頭へ