高齢者の状況と地域包括ケアについて

高齢者の方はこれから介護や医療のサービスがどうなるか気になっているはずです。そのような方に向けて、高齢者の状況と地域包括ケアについてお話します。

高齢者の方にとっても、今後どのような医療サービスや介護サービスが受けられるのか、といったことは大きなテーマになります。病気がちである方は、いずれサービスを利用することになる可能性だって高いです。

高齢者の今後を左右しかねない地域包括ケアですが、それぞれ方の状況によりサービス内容や方向性に大きな違いが出てくることも考えられています。高齢者の状況と地域包括ケアについて、詳しく論述します。

 icon-bell-o 在宅で暮らせる高齢者について

施設ではない住まいでのケア

在宅で生活できる状況の高齢者の方については、高齢は系の施設には入らないといった選択肢を考えています。サービス付き高齢者住宅などが候補になります。自立できる方には自立してもらおうと考えているのです。

医療が必要な高齢の方について

医療と介護を緊密に連携させる

医療と介護が重要になりますので、それぞれがしっかりと対応できるように連携を高めます。また、もしもの時に24時間巡回サービスなども考えられており、実行に移され始めています。

重度の状況である高齢者について

高齢者向け施設などの整備を進める

重度の場合は、自分ではうまく生活できない事もあり、専門機関のお世話になる事を考えなければいけません。さらに前記したような医療と介護の連携も重要なテーマになります。

一人暮らしをしている高齢者について

15

健康の維持を推進させる

今度は一人暮らしをする高齢者がどんどん増えると想定されています。介護や医療が必要にならないようにするためにも、介護予防を積極的に進めるなどのサービスをすると地域包括ケアでは計画しています。


コメントを残す

このページの先頭へ