5つのポイント!地域包括ケアを成功させるために

地域包括ケアの将来について不安を抱いている看護師の方や介護士の方、ケアマネージャーの方もいますよね。それらの方に向けて成功させるために必要な5つの事を紹介します。

地域包括ケアは、自宅で療養ができるといったメリットや医療費を削減するといったメリットもあります。成功すればその効果は絶大といっても良いでしょう。ただし、必ず成功するとは限りません。失敗してしまう可能性も指摘されているのです。

そこで実際に地域包括支援センターで働く事を希望している看護職や介護食の方には、少しでも働く決断ができるように地域包括ケアを成功させるためにはどうしたらいいのかについてお話します。安心して働くためにも重要な事です。

その1:医療との連携

14

地域包括ケアは連携が大切になりますが、まず重要なのが医療になります。病院だけで医療を考えているわけではありません。地域医療という事になり在宅医療を促進させなければいけません。

訪問看護やリハビリテーションを充実させなければいけないのです。さらに介護職員の医療行為への参加も重要な課題になります。医療が安定することで、高齢者の方も安心できるのです。

その2:介護サービスを強化させる

特別養護老人ホームを増やすなどといった事が求められています。さらに介護についても在宅サービスを充実させる必要があります。24時間対応の介護サービスが今後の地域包括ケアを左右します。

その3:介護予防を強化する

要介護者になる方を少しでも減らす取り組みが重要になります。基本的に介護を予防することが必要になり、結果的に介護サービスの負担の縮小を目指すのです。

その4:生活支援の充実

生活支援の形を増やすことが求められています。見守りといったものも重要ですし、配食や買い物を行うといった生活支援も今後重要になります。財産の管理というものも注意しなければいけません。

その5:住まい環境の整備

高齢者になると若い時に快適だった住まいも不便になります。高齢者になっても住みよい住まいを実現することが重要になるのです。高齢者向け住宅の整備も地域包括ケアを成功させるために必要な事です。


コメントを残す

このページの先頭へ