地域包括ケアシステムをバックアップするサービス

地域包括ケアで働こうと思っても、仕事内容などに不安を抱えている方も多いです。そのような方に知ってもらいたい、地域包括ケアのバックアップサービスについてお話します。

地域包括ケアの目玉となるサービスにもなりますので、働く方もチェックしてほしいですが、地域包括ケアを利用するかもしれないという方にも知ってほしい情報になります。

 icon-bell-o 24時間制の定期巡回サービス・随時対応サービス

現状では、各地域でモデルとして導入されつつあります。成果を上げましたら、全国各地の地域包括支援センターで実行に移されるでしょう。いままでは、深夜のサービスを受けられなかったわけですが、大きな変化を実感する部分です。

  • 訪問看護
  • 訪問介護
以上のサービスが主に24時間体制になるのです。随時対応できることにより、利用者の方の安心感を高めることにもつながります。働く方には負担感じる事もありますが、人々を支える仕事であるといった実感を持つ事も出来るはずです。

宿泊系サービスの改良

デイサービスなどのショートステイサービスを活用するといったサービスをどんどん広げていこうといった流れに地域包括ケアシステムは移行し始めています。宿泊ニーズは時代とともに変化することもありますし、ご家族によっても様々です。

認知症のある方のショートステイサービスなどは今後大きなテーマになると考えられており、地域包括ケアシステムをバックアップするサービスの中でも大きな存在になりそうです。

医療行為と介護職員

たんの吸引サービス

介護職員でも、たんの吸引ができるようにするといったサービスが検討されています。もちろん、何も対策をしないでたんの吸引をするのではありません。一定の研修をした介護職員のみが行えるといった方向性を考えているのです。
13

ただ、これを実現するためには法改正が必要です。社会福祉士及び介護福祉士法の改正が検討段階に入っており、近い将来、地域包括ケアで出来るサービスの一つに組み込まれる可能性が高いです。


コメントを残す

このページの先頭へ