ケアマネジメントからみた地域包括ケア

地域ケアシステムを支えたいと思っているケアマネージャーの方は、ケアマネジメントから見た地域包括ケアの現状と今後を調べる必要があります。実際にどのような事が行われているのかをお話します。

地域包括ケアについて、ケアマネージャーの力が大きな役割を果たしています。今後はケラマネジメントの見直しも重要になると考えられており、現場を知っている人材が必要とされています。

経験豊富なケアマネージャーを積極的に雇用する状況にもなっていますので、転職を考えている方には追い風といっても良いです。ただ、給与はそれほど高くないので、やりがいを求めて転職を考えている方に向けの状況になります。

 icon-bell-o 地域包括支援センターの機能を強化する

地域サービスをコーディネートする

12

現状の地域包括支援センターは、介護予防マネジメント等の業務が中心になってしまっています。肝心な各種サービスの連携などといった、地域サービスには手が回っていない状況です。

そこでケアマネージャーの存在が大きくなります。地域サービスのコーディネート業務をおこなう事も出来るので実際に大きな役割を果たせるのです。介護予防ケアマネジメントの負担を少しずつ減らしているかが、地域包括ケアの浮沈を握っています。

ケアマネジメントの見直しについて

ケアプラン・ケアマネジャーの質を向上させる

現状ではコーディネート業務があまりうまくいっていません。ケアマネージャーの有効活用ができていないのです。一方で、ケアマネジメントの見直しが行われ来つつあり、ケアプラン・ケアマネジャーの質に目が向けられています。
  • 医療サービスの適切な運用
  • ケアプランの柔軟性

以上の2点が特に今後は重要とされています。重度の障害や病気を持っている方に、適切な医療を受けられるようなプラン設計をしなければなりません。さらに、ケアプランには自立促進型や機能向上型などがあり、それらを柔軟に設定することも今後の課題です。


コメントを残す

このページの先頭へ