地域包括ケアと共助について

地域包括ケアに興味があり、はたらきたいと思っている医療従事者と介護従事者へ向けた内容を記載します。地位包括ケアには、共助という理念があります。その内容について詳しく解説します。

地域包括ケアには他にも、“自助”や“互助”といった理念もあると、以前紹介しました(地域包括ケアの理念|自助・互助とは)それらの理念をすべて理解して働く事が医療従事者にも介護従事者にも必要です。

また、誰しも将来的には医療サービスや介護サービスを利用することになります。ですので、地域包括ケアのお世話になる可能性もあるので、事前に詳しく調べておくことも重要なのです。

 icon-bell-o 共助について

相互扶助を意味している

相互扶助といった言葉も難しいと思いますが、社会保険といったような制度化されたものを意味しています。自助や互助は理想的なものを指していましたが、共助については社会的に支え合う事を意味しているのです。

さらに共助を提供している施設や機関もたくさんあります。その施設や期間の一つに“地域包括支援センター”も含まれているのです。共助の根幹となるサービスを実施することになるので、相互扶助について意識をして、医療従事者や介護従事者は働くべきです。

共助を実行する施設や機関について

  • 地域ケア会議
  • 地域包括支援センター
  • 保健福祉課
  • 社会福祉協議会
  • 医療施設

10
すべて地域にあるものを活用するのが地域包括ケアになります。問題になっているのか医療施設についてです。地域によって質や数が大きく異なってきますよね。地域の平等性に問題がないわけではありません。

 icon-warning 地域包括支援センターと共助について

定期的な介護予防セミナーなどを行っています。高齢者の方が健康な生活できるようなお手伝いを実施しているのです。さらに高齢者の方がいきいきと生活できるような、サロンを運営している事もあります。

自助や互助を地域包括ケアでは求めていますが、それを支えるためにも共助の理念というものも非常に大きなテーマです。揺らいでしまうと、自助や互助に大きな影響が出てしまう可能性は捨てきれません。

コメントを残す

このページの先頭へ