24時間対応も可能!地域包括ケアについて

高齢者である方や、将来的に介護や医療のお世話になるのではないかと心配している方に注目してほしいのが地域包括ケアです。すでに75歳以上である方やこれから高齢者となる年齢の方は、地域包括ケアの内容について詳しく確認しておくべきです。
8

地域包括ケアは、崩壊しつつある医療と介護を立て直すために非常に重要とされています。今後は多くの方が地域包括ケアの中で医療サービスと介護サービスを受けることになります。

うまくいけば、将来的に大幅な医療費の削減を目指せるといったメリットも考えられます。また前記したような75歳以上である方や将来の健康に不安のある方にとっては、家族になるべく負担をかけないといった方向性も地域包括ケアで目指せるといわれています。

地域包括ケアの内容~対応時間について~

24時間対応を目指す

高齢者の方は特にいつ状態が悪くなるかも分かりません。ですので、24時間いつでも対応できるようにする必要があります。24時間対応は難しいですが、超えなければいけない課題となっています。

働いている方の負担になる可能性もありますが、今後は医療や介護で働いている方の数を増強するなどすれば、十分にうまくいく可能性は高いと考えられています。

  • 訪問介護
  • 訪問看護
24時間対応の中で特に注目すべきは上記の二つになります。定期巡回・随時対応サービスというものが、行えるような環境整備が現状では進んでいます。何かあった時に、少しでも早く対応できる状況を作れるかが、地域包括ケアが成功するかを決定することになります。

短時間の定期巡回訪問へ

いままでのア自宅ケアは、比較的長い時間スタッフが各家庭に滞在してサービスを行っていました。60分から120分といった時間になります。その時間を短くすることが検討されています。

1回当たりの訪問を15分から20分程度とするのです。そうすることで、もしもの時の緊急対応もできやすくする、といった方法が考えられています。特に体の障害が重くなければ短時間滞在でも対応できるので注目すべき変化です。

コメントを残す

このページの先頭へ