地域包括ケアシステムとは|機関と職員

地域包括ケアシステムとは、住み慣れた自宅、地域で暮らし続けられるように「医療・介護・介護予防・生活支援・住まい」の五つのサービスを、一体的に受けられる支援体制のことです。高齢者が安心して生活できる仕組みであり、これからの高齢者福祉の形とも言えます。

地域包括ケアシステムを行う機関とは

地域包括支援センター

全国に上記した機関が設置されており、さまざまなサービスの連携などを行っています。数もものすごく多く設置されており今後も増えると想定されています。身近なところに地域包括支援センターができるかもしれません。

平成24年4月現在で・・・

全国に地域包括ケア支援センターが約4,300カ所あるとされています。少し前の情報になりますので、現状ではさらに数を増やしていると思われます。支所を含めると7,000カ所以上にもなり、地域包括ケアの実現に一歩一歩近づいているのです。地域医療・地域介護のためにはセンターの数が重要です。
5

地域包括ケアシステムで働く職員について

  • 保健師
  • ケアマネージャー
  • 社会福祉士
上記の方たちが働くことになります。資格を取得していなければ働けない専門分野の仕事になりますので、将来的に地域包括ケアシステム内部で働く事を考えているのなら、資格取得の準備に入るべきです。

また、そのまま就職することは難しく、まずは医療や介護の分野でしっかりと仕事をしてスキルを高めてから転職にて地域包括支援センターで働くのがおすすめになります。専門分野を生かした相談業務も多いので、やはり経験は重要です。

地域包括ケアシステムの内部に入り働きたいと希望している方は少なくありません。医療や介護の世界で活躍した方が多く働いていますが、そのような方に向けて地域包括ケアに関する期間と職員についての説明を行います。

地域包括ケアの目的は、医療と介護を結び付け、お年寄りにかかる医療費を引き下げることにあります。少しでも長く健康を維持した状態で過ごしてもらう事も、目的としているのです。

地域包括ケアは、医療・介護・介護予防・生活支援・住まいの5つのサービスに関わっています。それらにかかわる職員の方が必要とされています。
地域包括ケアで受けられる5つのサービスとは?」で詳しく紹介しています。


このページの先頭へ